魚の目とイボ

「痛くないんですけど、魚の目があって。どんどん大きくなってきたんです。」

と言われると、「むむっ・・・」となります。

魚の目とよく間違われるものに、イボがあります。

イボのでき始めは魚の目と同じように

皮膚表面にしこりのような状態でできています。

それが、摩擦などの刺激により、だんだん大きく変化していきます。

イボの特徴として

・痛くない

・イボの中に黒い点々がある

・触ると出血する

ということがあります。

魚の目は角質の芯が皮膚の中にあるので、押さえると痛みがありますが

イボは押さえても痛みはありません。

魚の目は圧迫のかかる所にできますが

イボはウイルスなので、圧迫のかからない所でも

どこにでもできます。

また、ウイルスの影響で血管がイボの中に上がってくるので

黒い点々(血管)が見え、触りすぎると出血しやすいです。

押さえても痛くない、よく見ると黒い点々がある・・・

という特徴のあるできものを発見した時はイボを疑ってください。

そして皮膚科へ!

イボは皮膚科で、液体窒素などで取り除く治療となります。

小さければ治療も早く終わりますが

大きいものになると、数か月かかる事もよくありますので

早めに皮膚科で診て頂きましょう!

Facebook Twitter Google Plus Pinterest