皮膚に埋もれた、伸びにくい爪

何かのキッカケで爪が剥がれたりして

以後、爪が伸びにくくなる事があります。

爪が極端に短くなると、

歩いて指先に体重が乗る度に

本来爪に押さえられているべき皮膚が

爪先に盛り上がってきてしまいます。

爪が伸びようとしても

盛り上がった皮膚にぶつかって

伸びていかず…

その分、厚みとなって成長してしまいます。

また、巻き爪になっている事も多く

爪の端や角が皮膚を圧迫して

角質ができてしまっていることも…

フットケアではまず、

皮膚にぶつかって爪の成長を止めている部分を

伸ばしやすい形にカット。

皮膚側の角質ができている所も削って整え

爪と皮膚の間に隙間を作ります。

そして、必要であれば

巻き爪補正ワイヤーを装着して

埋もれた爪を持ち上げます。

これで、盛り上がった皮膚を乗り越えて

爪を伸ばしていく事ができます。

「もう何年も、爪が伸びてきてないなぁ〜」

という方は、諦めずに

一度フットケアを受けてみてください。

Facebook Twitter Google Plus Pinterest